聖血の海獣(3)

聖血の海獣(3)
著者
  • 釣巻 和
掲載誌
  • ITAN

内容紹介

かつて、神は地上に星を降らせた。人々はみな逃げ惑い、その多くが文明とともに屠られたという。一方、海に落ちた星々は、神の手により新たな生命、海に棲まう無敵の海獣(けもの)へと姿を変えた。その姿を見たものは決して生きては帰れない。ヒトは、畏怖すべき神の使いをこう呼んだーー「白き聖獣”レヴィアタン”」と。

それから500年以上の時を経て、現在。ヒトは船を沈める海獣を殺す製鉄技術を発見し、新鉄器によってついにレヴィアタンを狩ることに成功した。その身から獲れる油は闇夜を照らし、骨や牙、皮までもが人々に利用される資源となり、今や海には”レヴィア狩り”の船が行き来するようになった。

その“レヴィア狩り”の船、ラリマール号に乗る銛打ちの少年ジュールは、同じく銛打ちだった父をレヴィアタンに殺され、復讐に燃えながら航海を続けていた。そしてある夜、レヴィアタンの影とともに現れた謎の少女・マナを助けたことから、ラリマール号は数奇な運命をたどり始める。

『のの湯』釣巻和が描く超本格・圧倒的海洋ファンタジー!

著者紹介

  • 釣巻 和

作品情報

製品名聖血の海獣(3)
著者名
  • 釣巻 和
発売日2019年05月23日
初出『コミックDAYS』2018年8月~2019年4月