かつて神だった獣たちへ(9)

かつて神だった獣たちへ(9)
著者
  • めいびい
掲載誌
  • 別冊 少年マガジン

内容紹介

絶望の森を、慟哭の荒野を、悲痛の海を、幽冥の時間の中を狼は歩く。かつての戦友を殺すために‥‥。異形の者たちを狩り続ける、終わりのない暴力の旅路。『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、傑作ダークファンタジー。


教会での幸せだった日々は終わりを告げ、それぞれの道を歩み始めたハンクたち。ソムニウムの研究者となったエレインは、自らの研究に疑念を抱き苦悩する。その孤独な日々に追い討ちをかけるように彼女の下にハンク出征の報が届く。激化する戦い、絶え間なく響く“神の声”。ハンクとエレインが進む先に待つものは──。擬神兵誕生を紐解く“エコール編”フィナーレ!!

著者紹介

  • めいびい

作品情報

製品名かつて神だった獣たちへ(9)
著者名
  • めいびい
発売日2019年02月08日
初出『別冊少年マガジン』2018年9月号~2019年1月号