キヘイ戰記(1)

キヘイ戰記(1)
著者
  • 原田 ケンタロー
掲載誌
  • 月刊少年シリウス
ジャンル

内容紹介

“核”をも超える力を持つ、古代の遺物ーー秘跡。この秘跡の暴走によって、戦争はその姿を変えた。そして、これは動乱の時代・大きすぎる力に巻き込まれた、或る戦士たちの闘いの記録である。


時は一九四五年。第二次世界大戦が突如休戦となってしまった、もう一つの日本。つかの間の平和を謳歌する帝都に、戦地より不穏な男が帰還する。その名も、蛇ノ目 希平(ジャノメ キヘイ)。またの名を、「千人殺しの鬼兵(キヘイ)」。処刑場送りを免れた彼に、異形の巫女が謎の指令を下す。かくして、再びキヘイは苛烈なる「最前線」へと進撃する。

著者紹介

  • 原田 ケンタロー

登場人物紹介

  • 蛇ノ目 希平(キヘイ)

    数々の戦果をあげた兵士だが戦闘中に謎の事故に巻き込まれ、人外の存在に。“秘跡”の専門兵科である神軍に転属した。扱う秘跡は「六叉の鉾」

  • 開闢印 比命

    普段は巫女姿だが、神軍所属の将官でキヘイの上官。体は不自由だが毒舌で、人とは異なる眼を持つ。銅鏡の秘跡を扱う

  • 椎名 鏡介

    神軍所属の大佐でキヘイの上官。潔癖なほどの正義感を持ち、やや神経質な性格をしている。粗暴なキヘイとは正反対で犬猿の仲

  • スーラ・ダマシュカ

    謎の結社・大叡博物館の学芸員(キュレーター)。雷の秘跡「ヴァジュラ(金剛杵)」を駆使する戦闘狂。キヘイと交戦するも、決着はついていない

  • キャロライン・バース

    大叡博物館の学芸員。死者を強制的にミイラにし服従させる秘跡「死者の書」を駆使し、比命を誘拐する

  • ゲオルギー・ラジェンスキ

    ソ連軍の大佐で、軍が秘密裏に組織した秘跡を使用する特殊部隊・遺物兵部隊を率いる。大叡博物館と手を組み、本国からの極秘任務を遂行しようとしている

  • 乾 英治

    キヘイの元部下。ともに謎の事故に巻き込まれた際、キヘイによって殺されるが、生きながらえ人外の存在に。妹と行動をともにしている

  • 乾 ミヤコ

    乾の妹で秘跡「八尺瓊勾玉」を扱う。兄を殺そうとしたキヘイを抹殺し、どうにか兄を元の人間に戻そうとしており、大叡博物館に協力している

  • 教授

    大叡博物館の学芸員。瞬間移動が可能な秘跡「アンティキティラの機械」を扱う。ミヤコを利用し、国会議事堂の地下に納められた剣を暴走させようとする

作品情報

製品名キヘイ戰記(1)
著者名
  • 原田 ケンタロー
発売日2019年01月09日
初出『月刊少年シリウス』2018年5月号~8月号掲載分