大砲とスタンプ(8)

大砲とスタンプ(8)
著者
  • 速水 螺旋人
掲載誌
  • モーニング・ツー

内容紹介

マルチナ復活! 補給に装備に仕事は山積み、今日も戦争をウラで支える突撃タイプライター面目躍如の第8巻!

著者紹介

  • 速水 螺旋人1971年11月30日生まれ、京都府出身。
    漫画家&イラストレーター。
    既刊は『靴ずれ戦線』(徳間書店)『オープンダイス・キングダム』(冒険企画局)、『螺旋人リアリズム』(イカロス出版)など。
    初となる短編集『螺旋人同時上映』(講談社)も好評発売中。

登場人物紹介

  • マルチナ・M・マヤコフスカヤ

    大公国の兵站軍補給廠管理部に配属された新米軍人。主な任務は物資の輸送や補給。生真面目な性格でデスクワークが得意

  • キリール・K・キリュシキン

    兵站軍管理部の第二中隊副官でマルチナの上司。軍務にはあまり熱心でなく、暇を見つけて小説を書くのが趣味。交渉力に長け切れ者な一面も

  • スタンプ

    マルチナが任地に向かう際乗船した「平和号」に紛れ込んでいたイタチモドキ。なぜか彼女に懐きペットとして飼われるようになる

  • アーネチカ・A・アルセニエワ

    兵站軍管理部の兵長。スラム育ち刑務所帰りの武闘派。ボイコと共に中隊の用心棒も務める。実は読み書きができなかったためマルチナに教わる

  • ボリスラフ・B・ボイコ

    兵站軍管理部の曹長。元陸軍所属で実戦経験が豊富。共キリールの補佐や中隊の用心棒もこなす。共和国出身の奥さんがいる愛妻家

  • コースチャ・K・キリュシキン

    兵站軍管理部に配属されたキリールの弟。サボり魔の兄をバカにしながらも事務作業は苦手。軍人らしく前線で功績を上げたがっている

  • ガブリエラ・ラドワンスカ

    アゲゾコ駐留帝国軍司令部の大佐。大公国軍のことは信用していないが、マルチナのことを個人的に評価している

  • スィナン・カライブラヒム

    大公国軍陸軍憲兵中尉。アゲゾコ出身の共和国系将校で、レジスタンスにも属する二重スパイ。兵站軍を利用するためマルチナを誘惑するが…

作品情報

製品名大砲とスタンプ(8)
著者名
  • 速水 螺旋人
発売日2018年12月21日
初出増刊『モーニング・ツー』2017年12月号、2018年1月号~11月号