校舎の天では悪魔が嗤っている(4)

校舎の天では悪魔が嗤っている(4)
著者
  • 蜂屋あいet小山鹿梨子
掲載誌
  • eヤングマガジン

内容紹介

愛娘・るいを取り戻すため、地獄を生き延びようとする母・りょう。そして目の当たりにした恐るべき「真実」。彼女はその日、人であることをやめ、「鬼」となった――。つながっていく『校舎うら』とのミッシングリンク。『校舎そら』待望の第4巻!


「前夜祭」の生贄となった女生徒に襲われ、散り散りになる航たち。滝壺に落ちたナナは、生徒会役員のガブリエルとハニエルの元に流れ着く。二人は美しいナナの肉体を「玩具」にしようとするが‥‥。学園に潜む悪魔と戦うことを決めた航、いつ花、ナナ。彼らの決意を嗤うかのように、残酷な邪淫の宴が幕を開ける。

著者紹介

  • 蜂屋あいet小山鹿梨子小山鹿梨子<こやまかりこ>:7月22日生まれの蟹座。AB型。「趣味はぼんやりすること。お菓子があれば生きてゆけます。」とのこと。少女漫画誌「別冊フレンド」にてデビュー。 代表作はマクロスFのスピンオフ「シェリル~キス・イン・ザ・ギャラ クシー~」(1~4巻)、「校舎のうらには天使が埋められている」(全7巻)など。

作品情報

製品名校舎の天では悪魔が嗤っている(4)
著者名
  • 蜂屋あいet小山鹿梨子
発売日2018年12月20日
初出『eヤングマガジン』2018年第19号~第36号