Q.E.D.iff -証明終了-(11)

Q.E.D.iff -証明終了-(11)
著者
  • 加藤 元浩
掲載誌
  • 少年マガジンR

内容紹介

人工知能(AI)裁判官が導入された近未来の日本――。
ある日、妻とその浮気相手を殺害した容疑で逮捕されたのは、AI裁判官の管理を行う技官の男だった!
罪を否認する男の弁護を引き受けることになった可奈だったが、人類の信頼を集め、完璧な判決を行うAI裁判官の前になす術がない。
そこで可奈は天才と呼ばれるシステムエンジニアの燈馬に協力を頼むが――…。

天才VS.AIの頭脳対決がもたらす、事件の意外な真相とは!?

これまで数多の謎を解き明かしてきた天才・燈馬が挑む! (「溺れる鳥」ほか1編収録)


人工知能(AI)裁判官が導入された近未来の日本。ある日、妻とその浮気相手を殺害した容疑で逮捕されたのは、AI裁判官の管理を行う技官の男だった。その男の弁護を頼まれた可奈は、燈馬と呼ばれる謎の天才に協力を依頼するが……!? 人々の信頼を集め、完璧な判決を行うAI裁判官に対し、これまで数多の謎を解き明かしてきた天才・燈馬が挑む! (「溺れる鳥」ほか1編収録)

著者紹介

  • 加藤 元浩1997年から「マガジンGREAT」で『Q.E.D.-証明終了-』を、並行して2005年から「月刊少年マガジン」で『C.M.B.森羅博物館の事件目録』を連載。2015年4月発売「マガジンR」1号より『Q.E.D. iff―証明終了―』連載開始。2009年、第33回講談社漫画賞少年部門を受賞。

作品情報

製品名Q.E.D.iff -証明終了-(11)
著者名
  • 加藤 元浩
発売日2018年10月17日
初出『マガジンR』2018年4号、5号