八百森のエリー(4)

八百森のエリー(4)
著者
  • 仔鹿 リナ
掲載誌
  • モーニング
ジャンル

内容紹介

あなたと野菜を繋ぐお仕事、青果流通のど真ん中、それが【仲卸】。仲卸業の基本は「必要な商品を」「必要な数量」「必要な場所に」「必要な時間に」届けること。「八百森青果」の新入社員、エリー(卯月瑛利)と、のりたま(大虎倫珠)が畑からあなたのテーブルへすべての野菜を届けます!






「八百森青果」の新入社員、エリー(卯月瑛利)と、のりたま(大虎倫珠)。市場で取り引したスイカから炭素病がみつかる。新しい取り引き先のJA秋田に現地視察にいくことになったエリー。一緒に行くのはスピカマートの宿敵バイヤー谷。弾丸日帰りになって一安心!?

著者紹介

  • 仔鹿 リナ宇都宮市生まれ、宇都宮育ち。短大在学中から雑誌などで漫画を発表。現在1児の母。代表作に「うちのダンナは野菜バカ。」「私の子育てやりすぎですか?」(共にぶんか社)など。今作品はコミティアからの持ち込み企画、初週刊連載です。
    仔鹿リナ 公式ツイッターhttps://twitter.com/lina_kojika

登場人物紹介

  • 卯月 瑛利

    通称、エリー。仲卸「八百森青果」の新入社員。野菜を通して繋ぐことをしたいと仲卸に就職した

  • 大虎 倫珠

    通称、のりたま。仲卸「八百森青果」の新入社員。いちご農家の息子。リーゼントが崩れると弱気になる

  • 鹿野 タカシ

    仲卸「八百森青果」でみかん担当をしている。エリーの父と知り合いで彼を小さなときから知っている

作品情報

製品名八百森のエリー(4)
著者名
  • 仔鹿 リナ
発売日2018年11月21日
初出『モーニング』2018年22号~30号、32号