異常者の愛(6)

異常者の愛(6)
著者
  • 千田 大輔
掲載誌
  • マンガボックス

内容紹介

愛してる。だから、何をしても許される。ソレは、愛らしい外見をしている。ソレは、一途な愛に生きている。ソレは、とても擬態が上手い。ソレは、あどけなく微笑む。ソレは、悪魔である。一之瀬一弥。16歳。男子高校生。常識も、言葉も、何もかもが通じない。“ソレ”に愛されてしまったことが、彼の不幸のすべてだった──。“愛”が“血”を呼ぶサイコホラー、禁断の開幕!!


悪魔を屠れ。異常な愛を駆逐しろ。悪魔が姿を隠して半年。ようやく決着の時が来た。「二重スパイ」の情報戦を仕掛けるも悪魔の牙城は崩せない。しかし、それでも……なんとしてでも、終わらせなければ。血が吹き、肉が切り裂かれ、悲鳴と嗚咽が響き渡る。決して最後まで、目を背けるな──。“愛”が“血”を呼ぶサイコホラー、完結。

著者紹介

  • 千田 大輔

作品情報

製品名異常者の愛(6)
著者名
  • 千田 大輔
発売日2018年10月09日
初出『マンガボックス』2018年第28号~第40号