臨終の要塞(下)

臨終の要塞(下)
著者
  • 吉田 薫
掲載誌
  • コミックDAYS

内容紹介

ある日突然、自分が85歳の老人になってしまったら? 身体は重く、視界は霞み、ただの階段は人を死に至らしめる「奈落」へと変わる。若者たちに降りかかった突然の「不幸」。彼らは85歳の老人に変わり果ててしまった。彼らを「絶望させる」この老人介護施設から、いかにして脱出は可能なのか? そして何故、彼らはこの施設に辿り着かなければならなかったのか? 老いと業(ごう)、絶望からの脱出劇、その終焉とは!

高級老人ホームを謳った人体実験場「羽部園」には、老人を虐待・搾取した若者たちが「接ぎ木」要員として収容されていた。「接ぎ木」の内実とは動かなくなった老人の手足を切断し、若者の健康な四肢を移す施術のことであった。施設の真相を知ったミノルは、「羽部園」を潰すことを決意する。

※2017年に刊行された『臨終の要塞 分冊版』 (モーニングコミックス)とは内容が異なります。 


高級老人ホームを謳った人体実験場「羽部園」には、老人を虐待・搾取した若者たちが「接ぎ木」要員として収容されていた。「接ぎ木」の内実とは動かなくなった老人の手足を切断し、若者の健康な四肢を移す施術のことであった。 施設の真相を知ったミノルは「羽部園」を潰すことを決意するのだが。※2017年に刊行された『臨終の要塞 分冊版』 (モーニングコミックス)とは内容が異なります。

著者紹介

  • 吉田 薫1985年生まれ、福井県越前市出身。
    2013年、小学館新人コミック大賞佳作。2014年、「月刊 スピリッツ」誌面にて「オルトルイズムの紙」でデビュー。
    本作『臨終の要塞』が初連載作である。

作品情報

製品名臨終の要塞(下)
著者名
  • 吉田 薫
発売日2018年09月12日
初出『コミックDAYS』2018年5月~7月