人形の国(3)

人形の国(3)
著者
  • 弐瓶 勉
掲載誌
  • 月刊少年シリウス

内容紹介

『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー、待望の最新刊! 故郷を滅ぼした帝国の正規人形・イーユとの決着はついたが、更なる危機がエスロー達に訪れる。帝国との戦いと、アポシムズを彷徨う旅は続く・・・・・・!

著者紹介

  • 弐瓶 勉1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中.。

登場人物紹介

  • エスロー

    リベドアの戦士を殺したことがきっかけで仲間を失う。タイターニアの持つコードで正規人形になる

  • タイターニア

    リベドア皇帝の野望を阻止するために地底世界から来た。人形の姿になれるが折りたたみ式の自動機械

  • ケーシャ

    帝国に国を滅ぼされた少女。エスロー達と行動を共にしている

  • ピコ

    帝国に洗脳された、エスローのかつての教え子

  • イーユ

    エスローの故郷を滅ぼしたリドベア帝国の正規人形(転生者)

  • フューマとアイム

    イーユの増援としてやってきたリベドア帝国の上級正規人形(転生者)

トピックス

※ 

作品情報

製品名人形の国(3)
著者名
  • 弐瓶 勉
発売日2018年09月07日
初出『月刊少年シリウス』2018年2月号~9月号