ヴィンランド・サガ(21)

ヴィンランド・サガ(21)
著者
  • 幸村 誠
掲載誌
  • アフタヌーン
映像化
ジャンル

内容紹介

戦場に到着したトルフィンはグズリーズ救出のためにヨムスボルグに潜入した。そこはトルケルの軍勢とヴァグンが率いたヨーム戦士団が包囲する世界最強の男達が集う場所。そして、父の仇・フローキが支配する要塞。

著者紹介

  • 幸村 誠

登場人物紹介

  • トルフィン

    父の仇を別の人間に殺されたことで生きる望みを失っていた。農業を通じ作る喜びを見出し成長、虐げられた人々のため新天地ヴィンランドを目指すが……

  • トールズ

    トルフィンの父。 「ヨームの戦鬼(トロル)」と呼ばれた戦士だったが、命の奪い合いに嫌気がさし、戦場から立ち去る。フローキの策により息子の目の前で殺される

  • エイナル

    ケティル農場にやってきた奴隷。トルフィンとは互いを兄弟と呼び合う存在。戦争も奴隷もない新天地を共に目指すことを誓った

  • クヌート

    イングランド王。父スヴェンの王の座を奪う際、王を殺害したアシェラッドを殺した。直後に激昂したトルフィンに頬を切りつけられている

  • レイフ

    行方不明になった、トルフィンを11年間探し続け故郷に連れ帰る。彼のヴィンランドへの渡航のよき理解者であり、協力者

  • アシェラッド

    ヴァイキング集団、アシェラッド兵団の首領。復習だけを生きがいにしてきたトルフィンに「本当の戦士になれ」と言い残し亡くなる

  • フローキ

    我欲でアシェラッドにトールズを暗殺させた、ヨーム戦士団の首領。孫のバルドルを次期ヨーム戦士団の首領にしようと画策しているが……

  • グズリーズ

    レイフの弟の未亡人で、彼の義妹。シグルドと再婚することとなったが逃げ出し、トルフィンらの船に乗り込み旅を共にしている

  • ヒルド

    過去に父フラヴンケルをトルフィンに殺された女性。再会したトルフィンを殺そうとしたが彼を庇う亡き父と師の幻影を見て断念。彼の信念を監視するため行動を共にしている

トピックス

※ 第36回講談社漫画賞 一般部門受賞

作品情報

製品名ヴィンランド・サガ(21)
著者名
  • 幸村 誠
発売日2018年08月23日
初出『アフタヌーン』2018年1月号、2月号、4~9月号