狭い世界のアイデンティティー(2)

狭い世界のアイデンティティー(2)
著者
  • 押切 蓮介
掲載誌
  • モーニング・ツー

内容紹介

フィクションとノンフィクションの狭間に挑戦。戦いだらけの漫画業界の実態を押切蓮介が渾身の怨念で描く。この漫画内では、新連載の奪い合いは漫画家同士の肉弾戦で決まる。果たしてこれはフィクションかノンフィクションか…。実名で浅野いにお先生、清野とおる先生、押切蓮介センセーも登場する2018年型漫画家マンガ、いよいよ解禁!

著者紹介

  • 押切 蓮介1979年神奈川県川崎市出身。
    1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
    その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
    現在、月刊「ビッグガンガン」にて『ハイスコアガール』、「漫画アクション」にて『ぎゃんぷりん』を連載中。

作品情報

製品名狭い世界のアイデンティティー(2)
著者名
  • 押切 蓮介
発売日2018年03月23日
初出モーニング増刊『月刊モーニング・ツー』2017年6月号、7月号、10月号~12月号、2018年1月号、2月号