ひとはけの虹(3)<完>

ひとはけの虹(3)<完>
著者
  • Cuvie
掲載誌
  • ネメシス

内容紹介

この物語は、一刷毛(ひとはけ)で虹の輝きを描き出す画家たちと、
その美で描き手に天啓を与えるミューズたちが紡ぎだす絵画譚である。

ルネッサンス期の画家ラファエロは、ダ・ヴィンチより託された
「神の鉱石」オリハルコンの力で17世紀のアントワープに現れる。
そして画家ルーベンスの工房に訪れた彼は、
モデルの美女・ヤーナと出逢うのであった……。


ルネッサンス期の画家ラファエロは、レオナルド・ダ・ヴィンチの要請を受け、時空を超える旅路に就く。自らの夭逝の運命に抗うが如く、様々な時代の画家や作品に出逢い、救おうとするが…。“虹”が導く西洋絵画譚、ついに最終巻!

著者紹介

  • Cuvie漫画家。同人活動などを経て、2001年にデビュー。
    様々なジャンルにわたり、繊細な心理描写と魅力的な画風を駆使した作品を手掛け、絶大な人気を博する。
    代表作は『NIGHTMARE MAKER』『籠女の邑』『ひとはけの虹』、他にも作品多数。
    現在、『絢爛たるグランドセーヌ』を連載中。
    2017年4月よりネメシスにて『エルジェーベト 』を連載開始。

    [HP/ブログ]
    「ShootOuts on web by Cuvie」→ http://cuvie.hp.infoseek.co.jp/

作品情報

製品名ひとはけの虹(3)<完>
著者名
  • Cuvie
発売日2017年04月07日
初出KCDX『NEMESIS』(月刊少年シリウス別冊)#25(2015年12月)~#31(2016年12月)