あさはかな夢みし(3)<完>

あさはかな夢みし(3)<完>
著者
  • 瀧波 ユカリ
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

時は平安、京の都に夢子と申す姫君ありけり。現実世界(三次元)の殿方に全く興味がなく、明けても暮れても草紙を読んでは妄想妄想。そんな腐りきった平安女子も、波乱万丈な宮仕えを経て、男女の理などを見知り給ふ。人並みの恋愛、結婚を目指す姫君が辿り着く先や如何に!『臨死!! 江古田ちゃん』で現代社会に痛烈な風刺とユーモアを炸裂させた瀧波ユカリが、今も昔も変わらぬ「ヒトの浅はかさ」を描く平安絵巻、ここに完結!

著者紹介

  • 瀧波 ユカリ漫画家。1980年北海道生まれ。2004年『臨死!! 江古田ちゃん』でアフタヌーン四季賞冬・大賞受賞。2005~2014年、アフタヌーンで同作を連載。週刊誌、ファッション誌でコラム等も多数執筆。

作品情報

製品名あさはかな夢みし(3)<完>
著者名
  • 瀧波 ユカリ
発売日2017年03月23日
初出『アフタヌーン』2016年8月号~2017年3月号