ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(6)<完>

ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(6)<完>
著者
  • すぎむら しんいち
掲載誌
  • ネメシス

内容紹介

正統性と革新性を両性具有したゾンビ設定に、エログロゴアギャグアクション下ネタ童貞…と、あらゆるテーマをブチ込んだ本作も遂に完結。“女ンビ”により男が喰い殺されまくった近未来…、中野ブロードウェイ(=東京に実在するショッピングモール)に籠城した処女&童貞は果たしてサバイバれるのか!? 映画、マンガ、小説…古今東西のゾンビ物語の、いかなる傑作にも劣らぬクライマックス、スピード、そしてカタルシス! “怒りのデス・ブロードウェイ”を駆け抜けて、童貞よ神話になれ――!! 全巻まとめ買い&一気読み推奨作品。


突如、地上に発生した“女ンビ”の襲撃を逃れ、中野ブロードウェイに逃げ込んだ引きこもりニートの童貞・大助&童貞軍団は、デカチンらと共に血まみれ汁まみれの籠城戦を繰り広げていた。しかしプレミアム処女・ハルカを狙う女ンビ軍団は、遂に総攻撃を開始! 残された人類の運命は!? ジョヴォヴィッチよりも、女ンビッチ! 人類×女ンビ×ゾンビによる三つ巴の攻防戦は笑いと涙の総決算――サバイバル・ザ・ファイナルへ!!

著者紹介

  • すぎむら しんいち漫画家。北海道出身。1986年、『きょうの出来事』にて第14回ちばてつや賞(ヤング部門)の大賞を受賞し、デビュー。その後「ヤングマガジン」にて『サムライダー(のち『サムライダー'88』に改題)』を連載開始。ほかの作品に『右向け左!』(原作/史村翔)、『ホテルカルフォリニア』、『東京プー』、『超・学校法人スタア學園』、『クローン5』(相談/いとうせいこう)、『サムライダー』、『老人賭博』(原作/松尾スズキ)などがあり、短編集に『スノウブラインド』がある。平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品として、「モーニング」連載の『ディアスポリス―異邦警察―』(脚本 リチャード・ウー)が選ばれた。2017年、「少年シリウス」別冊の「ネメシス」にて7年にわたって連載した『ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女(ジョ)ンビ ―童貞SOS―』が堂々完結!!

作品情報

製品名ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(6)<完>
著者名
  • すぎむら しんいち
発売日2017年03月09日
初出KCDX『NEMESIS』(月刊少年シリウス別冊)#25(2015年12月)~#28(2016年6月)、#30(2016年10月)~#32(2017年2月)