銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(6)

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(6)
著者
  • その他こしの りょう
  • 原案高杉 良
掲載誌
  • 週刊 現代

内容紹介

舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、住宅金融債権管理機構への対策を命じられる。住管機構の社長は「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管機構は、グレー案件を多く手掛け、バブル崩壊とともに6兆の不良債権を背負った「住専」の債権回収と金融秩序の維持を名目に設立された国策会社であり、この問題には多額の血税が投入されていた。正義の味方を相手に竹中はどう銀行を守るのか

著者紹介

  • その他こしの りょう1967年9月、新潟県三条市に生まれる。87年、モーニング四季賞冬のコンテスト佳作受賞。大学卒業後は広告代理店に勤務しつつ、投稿を続ける。94年、退社。尾瀬あきら氏のアシスタントをしながら、プロの漫画家を目指す。2004年4月より、「モーニング」にて『Ns'あおい』の連載をスタート。現在は週刊現代誌上で「銀行渉外担当 竹中治夫」を連載中。
  • 原案高杉 良1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いた作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている。他の作品に『金融腐食列島』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『管理職の本分』『破戒者たち 小説・新銀行崩壊』、などがある。

作品情報

製品名銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(6)
著者名
  • その他こしの りょう
  • 原案高杉 良
発売日2017年02月23日
初出『週刊現代』2016年8月20・27日合併号~11月26日号