新装版 無限の住人(14)

新装版 無限の住人(14)
著者
  • 沙村 広明
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

2017年4月29日に木村拓哉主演で実写映画が公開される本作はしばしば「ネオ時代劇」と称される。緻密にして革新的に描出される殺陣や個性的な武具、そして因縁うず巻く人間模様は見物の一言だ。14巻では、水戸路を舞台に「逸刀流」と「六鬼団」の潰し合いが過熱する。ともに戦力を減らしつつも、両陣営は最終決戦の地である那珂湊に辿り着いた。ほどなくして万次と凜も到着し……やがて雪が戦場に繽粉と舞った。

著者紹介

  • 沙村 広明漫画家。1970年生。千葉県出身。
    1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。
    同作が年末より連載化し、2008年にはアニメ化もされるなど、長期間にわたり人気を博したが、2012年末に堂々の完結を果たした。
    2011年より「少年シリウス別冊ネメシス」(季刊誌)にて『ベアゲルター』を連載開始。
    他の作品に『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上、講談社)、『ブラッドハーレーの馬車』(太田出版)などがある。

作品情報

製品名新装版 無限の住人(14)
著者名
  • 沙村 広明
発売日2017年02月23日
初出『アフタヌーン』2010年6月号~2011年6月号、8月号、9月号