鳥葬のバベル(1)

鳥葬のバベル(1)
著者
  • 二宮 志郎
掲載誌
  • モーニング

内容紹介

壮絶な過去を抱えながら、懸命に今を生きるリサイクルショップ店員・加瀬宗助(かせそうすけ)。彼がようやく手に入れた、小さな幸せは、突如出現した、巨鳥・サンダーバードによって奪われた。恩師・駿河(するが)を鳥に殺されながら、どうにか生き残った加瀬は、駿河の愛娘・マリを守りながら巨鳥と戦うことを決意する。

著者紹介

  • 二宮 志郎人形として生き返った女子高生のドタバタ劇を描いた『リボルテック谷口』で、第68回ちばてつや賞佳作を受賞。母親に牛丼屋で捨てられた子供たちの悲哀を描いた『ドメスティックハピネス』では、第2回THE GATE大賞受賞。 『鳥葬のバベル』が初めての連載作品となる。

作品情報

製品名鳥葬のバベル(1)
著者名
  • 二宮 志郎
発売日2017年01月23日
初出『モーニング』2016年43号~49号