新装版 無限の住人(7)

新装版 無限の住人(7)
著者
  • 沙村 広明
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

2017年4月に木村拓哉主演で実写映画が公開される本作はしばしば「ネオ時代劇」と称される。緻密にして革新的な筆づかいにより描出される殺陣や個性的な武具、そして因縁うず巻く人間模様はまさに沙村広明にしか描き表せない領域である。この新装版のカバーは全巻新規の描き下ろし。7巻では万次、天津、槇絵の共闘により、ついに心形唐流は完全敗北を喫する。だが一方、江戸では何者かが逸刀流を壊滅状態に追い込んでいた。

著者紹介

  • 沙村 広明漫画家。1970年生。千葉県出身。
    1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。
    同作が年末より連載化し、2008年にはアニメ化もされるなど、長期間にわたり人気を博したが、2012年末に堂々の完結を果たした。
    2011年より「少年シリウス別冊ネメシス」(季刊誌)にて『ベアゲルター』を連載開始。
    他の作品に『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上、講談社)、『ブラッドハーレーの馬車』(太田出版)などがある。

作品情報

製品名新装版 無限の住人(7)
著者名
  • 沙村 広明
発売日2016年10月21日
初出『アフタヌーン』2001年3月号~2002年10月号