インベスターZ(15)

インベスターZ(15)
著者
  • 三田 紀房
掲載誌
  • モーニング

内容紹介

現金5000万円を元手に街へ飛び出した財前と、ライバル藤田慎司。財前は、渋谷区の築20年、広さ60平米のマンションに目をつける。しかし、売り出し価格は7000万円…。大人相手の値切り交渉で、中学生の財前がとった「秘策」とは!? 一方、慎司は東京の歴史から「将来価値が上がる土地」を分析する。いつもは冷静沈着な投資の天才が、苦心の末選んだエリアは、まさかの足立区――!? 予測不能、波乱の第15巻!!!

著者紹介

  • 三田 紀房岩手県生まれ。漫画家。大手百貨店勤務などを経て、30歳で漫画家デビュー。高校野球を監督の視点から描いた『クロカン』や、『甲子園へ行こう!』で人気作家に。東大合格請負漫画『ドラゴン桜』は、2005年7月にテレビドラマ化され、同年、第29回講談社漫画賞(一般部門)、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。2010年1月、『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』がテレビドラマ化。現在、『インベスターZ』の他、講談社「ヤングマガジン」にて『アルキメデスの対戦』を連載中。

作品情報

製品名インベスターZ(15)
著者名
  • 三田 紀房
発売日2016年10月21日
初出『モーニング』2016年13号~21号