C.M.B.森羅博物館の事件目録(33)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(33)
著者
  • 加藤 元浩
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

内容紹介

加藤元浩の初ミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』よりヒロイン菊乃が登場!!
劇団の団長が「リア王」上演中に背中に矢を受けて死んだ。しかし背後にあったのは壁のみ。捜査一課の新米刑事・菊乃は、強引な捜査に疑問を抱き、森羅博物館の扉を叩く!! 「見えない射手」
その他3編収録!!
動き回る巨石を見ると死に至る!?「動く岩」
夫亡き後、妻はハワイで文学全集を紐解くが‥‥「いつかの文学全集」
“意識高い系”コンサルタントの嫉妬の行方は?「ツノゼミ」


加藤元浩の初ミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』よりヒロイン菊乃が登場!!秋葉原でメイドによる大捕物騒ぎ! その正体は捜査一課の新米刑事・七夕菊乃。劇団の団長が上演中に背中に矢を受けて死んだ事件を追っており、手がかりを求めて森羅博物館にやって来るが!? 「見えない射手」ほか3編収録!!

著者紹介

  • 加藤 元浩1997年から「マガジンGREAT」にて『Q.E.D.―証明終了―』を、並行して2005年から「月刊少年マガジン」にて『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』を連載。2015年「マガジンR」にて『Q.E.D. iff ―証明終了―』連載開始。その他代表作に『ロケットマン』など。2016年に初のミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』を発表。

作品情報

製品名C.M.B.森羅博物館の事件目録(33)
著者名
  • 加藤 元浩
発売日2016年10月17日
初出『月刊少年マガジン』2016年5月号~7月号、9月号