今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3)

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3)
著者
  • 榊原 宗々
  • 原作要 マジュロ
掲載誌
  • 少年マガジンR

内容紹介

これが今世紀最大の問題作。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。
神城卓が片思いの相手・花園魅香に出会った時、ふとよぎったのは「花園の喉元を傘で突き破る」という明確な殺意のビジョンであった。残虐で、残酷で、残忍な世界に囚われた少年が、抗いの果てに辿り着くのは希望か、絶望か!?


目を逸らさずに見て欲しい衝撃のラスト10ページを…予測不可能なダーク・ラブ≒サスペンス、いま全てが繋がる――学園祭、開幕――神城は片想いの相手・花園を守るべく、感染者を追うが、突如、複数のバラバラ死体が空から降ってきたことで、校内に感染者が複数人いることを知る。一方、花園は友人の園葉から殺意(=愛)を向けられ――“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した者たちの“祭”が始まる…

著者紹介

  • 榊原 宗々【榊原宗々(さかきばら・そうそう)】
    代表作に『オズとエルザ』、『ぼっちマン』、『B.A.D.』(KADOKAWA)など。
  • 原作要 マジュロ【要マジュロ(かなめ・まじゅろ)】
    本作にてデビュー。

作品情報

製品名今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3)
著者名
  • 榊原 宗々
  • 原作要 マジュロ
発売日2016年10月17日
初出『少年マガジンR』2016年3号(『月刊少年マガジン』2016年5月号増刊)・4号(同7月号増刊)・5号(同9月号増刊)