骨が腐るまで(1)

骨が腐るまで(1)
著者
  • 内海 八重
掲載誌
  • マンガボックス

ジャンル

内容紹介

“罪”には“罰”を。ならば少年たちの願いは、裁かれるべきなのか──。 さえない高校生・信太郎。彼と幼なじみの4人には、他の誰にも知られてはならない宝物があった。それは暗い洞窟に眠る、5年前に彼らが犯した大罪の証拠……。高校2年の夏、彼らの秘密に忍び寄る影が。姿なき敵の暗躍に、5人の距離が変わり始める。 とっくに血に染まったその腕で、秘密と友情は守り抜けるのか。 美麗な筆致で綴られる新世代のクライム・サスペンス開幕!!


11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。

著者紹介

  • 内海 八重

登場人物紹介

  • 中村 信太郎

    特に何のとりえもなく学校では冴えないが、幼なじみの仲間内ではリーダー的存在

  • 豊島 椿

    才色兼備な美少女。信太郎のことが好きだが、わけあって明と付き合っている

  • 神崎 明

    生徒会長を務める美少年で、信太郎を尊敬していた。謎の死をとげてしまう

  • 二枚堂 竜

    昔はヤンキーだったが、今は真面目に勉強している。仲間の中では一番の常識人。遥が好き

  • 永瀬 遥

    可愛らしい小悪魔的存在で、信太郎を一途に想い続けている

作品情報

製品名骨が腐るまで(1)
著者名
  • 内海 八重
発売日2016年10月07日
初出『マンガボックス』2016年第22号~第32号