今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(2)

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(2)
著者
  • 榊原 宗々
  • 原作要 マジュロ
掲載誌
  • 少年マガジンR

内容紹介

これが今世紀最大の問題作。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。
神城卓が片思いの相手・花園魅香に出会った時、ふとよぎったのは「花園の喉元を傘で突き破る」という明確な殺意のビジョンであった。残虐で、残酷で、残忍な世界に囚われた少年が、抗いの果てに辿り着くのは希望か、絶望か!?


予測不可能なダーク・ラブ≒サスペンス。待ち受けるは“破滅”だけ。 “恋”が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した神城卓は、幼なじみの花園魅香を殺しかけてしまう。彼女と距離をおく神城だが、同じく“殺意”に侵された者によって拉致された花園を救うべく、相手を「洞察する」眼の力を覚醒させ、感染者を退けるが、不意な一撃に気絶してしまう。――眼を覚ますと、花園が縛られていたはずの椅子には骨と化した死体が……

著者紹介

  • 榊原 宗々【榊原宗々(さかきばら・そうそう)】
    代表作に『オズとエルザ』、『ぼっちマン』、『B.A.D.』(KADOKAWA)など。
  • 原作要 マジュロ【要マジュロ(かなめ・まじゅろ)】
    本作にてデビュー。

作品情報

製品名今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(2)
著者名
  • 榊原 宗々
  • 原作要 マジュロ
発売日2016年04月15日
初出『少年マガジンR』2015年4号(月刊少年マガジン2015年11月号増刊)・2016年1号(同2016年1月号増刊)・2号(同3月号増刊)