サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-

サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-
著者
  • 吉富 昭仁
  • 原作石ノ森 章太郎
  • 原作永井 豪
掲載誌
  • 月刊少年シリウス

内容紹介

現代マンガ&アニメの原点にして頂点でもある、あの伝説の2作品が真っ向対決することで話題になったOVA作品(2015年11月公開)、それが『サイボーグ009VSデビルマン』だ! そして、そのアニメ版とはまったく違った“もうひとつ”の伝説的対決を『EAT-MAN』の吉富昭仁が完全オリジナルストーリーで漫画化! 改造人間と悪魔人間が共演する世界で起こる混乱と激突。その果てに描かれるのは、希望か絶望か――!? オリジナルのファンはもとより、両作を知らぬ若い読者やSFファンの心をも熱くする重厚な一冊!!


9人の戦鬼と1人の悪魔――。彼らは誰がために争うのか!? 今日も何処かで風、吹きすさび、正義が衝突(ぶつか)る死の廃墟! 誰も知らない、あり得ちゃいけない、戦士(ヒーロー)同士の全面対決、いざ開幕!!

著者紹介

  • 吉富 昭仁高校時代、ライトノベルの挿絵で画業をスタート。『EAT-MAN』『RAY』『BLUE DROP』など代表作多数。近著には『地球の放課後』『スクール人魚』『バランスポリシー』などがある。SFからエロティシズムまで幅広い作風で知られる実力派作家。
  • 原作石ノ森 章太郎『サイボーグ009』のほか、『人造人間キカイダー』『佐武と市捕物控』『HOTEL』『マンガ日本経済入門』『幻魔大戦(原作:平井和正)』など、あらゆるジャンルの膨大な作品を描き、「漫画の王様」と称された巨匠。その作品の多くがアニメ化・実写化された。『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』といった特撮シリーズの生みの親でもある。1998年死去。
  • 原作永井 豪『デビルマン』のほか『マジンガーZ』『ハレンチ学園』『凄ノ王』『キューティハニー』『激マン』などギャグからSFにまで至る、多彩かつ膨大な作品によって、後続のクリエイターに多大な影響を及ぼし、今なお現役で描き続ける巨匠。多くの作品が映像化されているが、海外でも放送された『マジンガー』シリーズ等々により、外国人のファンも多い。

作品情報

製品名サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-
著者名
  • 吉富 昭仁
  • 原作石ノ森 章太郎
  • 原作永井 豪
発売日2016年04月08日
初出インターネットサイト「ニコニコ静画」2015年10月~2016年2月配信分