修羅の刻(16)

修羅の刻(16)
著者
  • 川原 正敏
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

内容紹介

歴史の影に陸奥がいる。強き者を求め、無手で戦う武術「陸奥圓明流」。千年の間無敗を誇る圓明流を継ぎし者たちの物語--。宮本武蔵、坂本龍馬、新撰組、ワイアット・アープ、織田信長、雑賀孫一、源義経、武蔵坊弁慶、雷電、西郷四郎など時代を彩った剣豪や丈夫が登場!!


刻は昭和‥‥用心棒に雇われた不破現は、一人の男と出逢う。男の名はケンシン・マエダ。その奇縁はやがて大きな流れとなり、陸奥九十九へと至る--。十年ぶりの新章『昭和編』開幕。『修羅の門』へと繋がるキーエピソード登場!!

著者紹介

  • 川原 正敏8月17日生まれ。広島県三原市出身。1985年、『パラダイス学園』でデビュー、代表作に『修羅の門』『修羅の門 第弐門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

作品情報

製品名修羅の刻(16)
著者名
  • 川原 正敏
発売日2016年01月15日
初出『月刊少年マガジン』2015年10月号~12月号