バカビリーバー(3)

バカビリーバー(3)
著者
  • 市川 マサ
掲載誌
  • ヤングマガジン

内容紹介

どうやら、俺は "大物" になるべき人間らしい──。
当時中1だった主人公・袴田もついちは、"大物になる"という太眉のオッサン教師の軽口を信じ込んでしまった‥‥!!
そして時は流れ、二十歳となったもついち。
そんな今でも、ド真っ直ぐに己の才能を信じ込み(何の才能かは自分でも不明)、一心不乱に"大物"への道を模索するのだったッ!!‥‥お笑い芸人の卵として。
I believe myself!!(根拠なし)
無知な二十歳の成り上がり "格闘" ロード、ここに大開通!!!


スゲーつえ強え芸人になって、戻ってくるからよ!!自らを“大物”になると信じて疑わぬ主人公・袴田もついち20歳―。芸人の卵としてお笑い学校に通うも、ちっとも面白くないため人生大苦戦中。そんな中、大人気テレビ番組“テラスホテル”のオーディション会場で声を掛けられ、人違いだったにも関わらず強引に番組に出るチャンスをGET!ついに、もついちが格闘技の世界へと足を踏み入れるッ!!!

著者紹介

  • 市川 マサ

作品情報

製品名バカビリーバー(3)
著者名
  • 市川 マサ
発売日2015年11月06日
初出『ヤングマガジン』2015年第30号~第32号、第34号~第39号、第41号