嗤う石(2)

嗤う石(2)
著者
  • 有田 恵一郎
掲載誌
  • 別冊 少年マガジン

内容紹介

「死んでしまえ」と願った時、最悪な世界が始まった‥‥。
才色兼備の姉に劣等感を抱く孤独な高校生、棗田 陽(なつめだ あたる)。不良たちにからまれても、何も言えずただ黙るだけの陽に対し、クラスメイト・韮崎(にらさき)は、願い事が叶うという[願解石]を授ける。石を手にした陽は、強く願ってしまう‥「お前らなんか死んでしまえ」と‥‥。


[願解石]によって願いを叶えた代償に、「石化」してしまった陽の右手。霊を成仏させ、その魂を“喰べる”ことで[願解石]の呪いを鎮められるというのだが…。ある日、韮崎に連れられ遊園地に来た陽は、少女の幽霊・葉月と出会う。一緒に観覧車に乗り楽しい時を過ごす陽たちだったが、二人の前に謎の男が現れ……。陽の右手にさらなる異変が生じる緊迫の第2巻!!

著者紹介

  • 有田 恵一郎

作品情報

製品名嗤う石(2)
著者名
  • 有田 恵一郎
発売日2015年10月09日
初出『別冊少年マガジン』2015年5月号~9月号