架刑のアリス(4)

架刑のアリス(4)
著者
  • 由貴 香織里
掲載誌
  • ARIA

内容紹介

世界有数の財閥・久遠寺家の当主をめぐり、9人兄妹で殺し合いをすることになった四女・ステラ。因縁の宿敵・四男の海(マレ)との戦いに勝利した彼女は、朦朧とする意識の中で、かつて両親を失った「飛行機墜落事故」の記憶を思い出す。その記憶の中には現在ボディーガードとしてステラを守る月兎(つきと)にそっくりな白い髪を持つ少年が! 果たして月兎は両親を殺した大量殺人犯なのか!? 物語の核心に迫る謎が次々に展開する、不思議の国のアリス in バトルロワイヤル第4巻!


四男・海(マレ)との殺し合いで憔悴しきったステラ。朦朧とする意識の中で、過去のトラウマ「飛行機墜落事故」の記憶が蘇る。その飛行機には、かつてステラをつけまわしていた「白い髪の少年」が同乗し、飛行機に何かの細工をしていた――!? 同じ白い髪をもつボディーガード・月兎(つきと)に深まる疑念……。その記憶は開けてはいけないパンドラの箱なのか!?

著者紹介

  • 由貴 香織里1987年「別冊花とゆめ」秋の号『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
    代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)、『異域之鬼』(講談社)など。
    美しく退廃的な世界観と稀代のエンターテイメント性を併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。
    重版続々の超話題作『架刑のアリス』をARIAにて絶賛連載中!

作品情報

製品名架刑のアリス(4)
著者名
  • 由貴 香織里
発売日2015年10月07日
初出『ARIA』2015年6月号・7月号・9月号・10月号