ジパング 深蒼海流(11)

ジパング 深蒼海流(11)
著者
  • かわぐち かいじ
掲載誌
  • モーニング

内容紹介

平清盛がこの世を去り、頼朝はかつて認めあった男の死に激しく動揺する。また、その死をきっかけに清盛の妻、時子は源氏との総力戦を命じる。一方、戦が始まらないことにしびれを切らした義経は、徳子を手にすべく京の御所へと忍び込む。どうにか徳子を連れだした義経だったが、徳子のため1000日後の再会を約束し、別れる。その頃、頼朝から源行家を差し出すよう迫られた義仲は拒否し、頼朝と義仲の対立が始まろうとしていた。

著者紹介

  • かわぐち かいじ

作品情報

製品名ジパング 深蒼海流(11)
著者名
  • かわぐち かいじ
発売日2015年09月23日
初出『モーニング』2015年7号~12号、14号~17号