かみかみかえし(6)

かみかみかえし(6)
著者
  • 遠山 えま
掲載誌
  • なかよし

内容紹介

封印の山へ入ったましろとはやては13年ぶりにましろとはやての父に再会する。そこで託された巻物を使って、ましろの巫女修行が開始! 神々ラブファンタジー、ましろ覚醒の6巻!


神束家を止める鍵を求めて封印の山へ向かったましろとはやては、13年ぶりに前代巫女であるましろの母と彼女に仕えるはやての父に再会する。しかし母・碧は巫女としての力を使い果たし、13年間眠りつづけていた。一方、黒い巫女はタケミカをねらい…。神さまたちの秘められた過去、神束家の闇をまきこんで、運命の歯車が回り出す! ましろ覚醒の6巻!

著者紹介

  • 遠山 えま5月23日生まれ。ふたご座。B型。デビュー作:『天使のタマゴ』(第36回なかよし新人まんが賞特選受賞、「なかよし」2003年9月号掲載)、代表作:『ココにいるよ!』『わたしに××しなさい!』(第36回講談社漫画賞児童部門受賞)『かみかみかえし』『四月一日さんには僕がたりない』

作品情報

製品名かみかみかえし(6)
著者名
  • 遠山 えま
発売日2015年06月12日
初出『なかよし』2014年9月号、11月号、12月号、2015年1月号、3月号