オトノバ(3)<完>

オトノバ(3)<完>
著者
  • 河上 大志郎
掲載誌
  • ヤングマガジン

内容紹介

カート・コバーン、ジミー・ペイジなどマネできない曲は何もないと豪語するギター大好き高校生・星ケ原大助。休み時間は女子にウザがられながらも、ワンマンライブをしつづけている。そんなある日、東京から「世界一のアーティストを目指している」という山寺武彦が転校してきた。大助は山寺をライバル視するようになり、山寺が出る文化祭ライブに出ようとする。しかし大助にはバンドメンバーがいないのだった。


文化祭ライブに出場して、山寺を見返したい一心でバンド活動を始めたダイスケ。ドラムのヒカリ、ベースの生徒会長とともに練習を繰り返し、まずは人気バンド「グライダーズ」との対バンに挑む。しかし結果は惨憺たるものに! ショックを受けた一同は、自分たちの音楽を見直すとともに、文化祭ライブでの巻き返しを誓う。果たしてダイスケたちは文化祭で観客を盛り上げる演奏ができるのか!? ついに高校生バンド物語、完結!!

著者紹介

  • 河上 大志郎

作品情報

製品名オトノバ(3)<完>
著者名
  • 河上 大志郎
発売日2015年04月06日
初出『ヤングマガジン』2015年第2・3号併合、第6号~第12号