花井沢町公民館便り(1)

花井沢町公民館便り(1)
著者
  • ヤマシタ トモコ
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

2055年。わたしたちの町・花井沢町は、あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。遠くない未来、いずれ滅びることが約束された町で、わたしたちは今日も普通に生きています。『BUTTER!!!』『HER』『ドントクライ、ガール』など多彩な作風で知られるヤマシタトモコの最新作!

著者紹介

  • ヤマシタ トモコ東京都出身。5月9日生まれ。B型。
    2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
    代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
    『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
    『裸で外には出られない』(集英社)、『MO'SOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

登場人物紹介

  • 市川 希

    花井沢町最後の住人。家事と介護の日々で、花井沢町で暮すことを地獄と感じており、総一朗との会話だけが救い。自分の誕生日が覚えられない

  • 森宮 総一朗

    境界の外の住人。希のことを気にかけているひとつ年上の男性。彼女に触れることはできず、見えない境界の膜から伝わるぬくもりを大切にしている

  • 勇希

    希の母親。20人も残っていない時代でいらだって生きていた。同世代の広睦に犯され、希を出産した後に自殺。日記を残しており、希はそれを読んでいる

  • 広睦

    勇希を心から好きだったが、受け入れてもらえず強姦に至る。自殺現場を目撃し、絶望してしまう

  • あいか

    セイメイハンノウのあるユウキタイを通さない、見えない膜に覆われた花井沢町で2055年に産まれた、後世代と呼ばれる女の子。アイドルグループのミスアンが好き

  • エマ

    あいかと仲のいい同い年の女の子。堅実な考えの持ち主で将来をきちんと考えてたりする。あいかにたまにババア扱いされる

  • 曽部

    2057年、事故から3年後の自粛中だった花井沢町で、泥棒を見つけた少年。泥棒は後に発覚したが、誰も出られず、誰も入れない町の中で孤立していった

  • タカ

    事故から33年後の花井沢町の男の子。データ入力のバイト代はだいたい洋服代にして、SNSに「たべのすけ」として着こなしをアップしている。花井沢町の人間であることは隠している

  • 春樹

    町の中で一人暮らしを始めたばかりの美少年。外の世界とはオンラインで町の情報提供を通じて繋がっている

  • コバシ

    春樹にずっと目をつけていた年上の女性でストーカー。18歳になった春樹を、結婚できる年齢になったと家に押しかけたが、警察の存在しない町の自警団により撲殺され事故死扱いされた

  • さお

    エーコと付き合って同棲している女性。レズビアンだが何もない町で暮すことに生きがいが欲しく、子供が産みたいと思っている

  • エーコ

    さおと付き合っている。自分たちを檻の中のけだものと同じだと達観している

  • たける

    さおとエーコと仲のいい年下の青年。二人が百合カップルだということは知っている。大工として修行中

  • 間宮 香帆

    焼きたてのパンが食べたいと思い、動画を投稿して町の外の人に教えを請いパン作りを覚える。労働の喜びが知りたいと願い、境界近くにパン屋を開業

  • 宮内 鈴

    花井沢町に住む小説家。境界外で認められ賞を受賞しており、町の中での呼び名は「センセー」

作品情報

製品名花井沢町公民館便り(1)
著者名
  • ヤマシタ トモコ
発売日2015年03月23日
初出『アフタヌーン』2014年10月号~12月号、2015年1月号~3月号