ヘルプマン!(27)<完>

ヘルプマン!(27)<完>
著者
  • くさか 里樹
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

人はなかなか死ねなくなった。医療の発達と社会の変化により、少子高齢化が進む日本。
100年後には日本の総人口は半減すると予想されている。 国民の4人に1人が高齢者という日本社会では、今後すべての産業で高齢者に配慮した商品・サービス開発が必須になり、あらゆるマーケットで高齢者へのケア的視点が求められる時代が到来する。
綿密な取材をもとに「老人介護」のリアルを描く、唯一無二の介護漫画!!


制度を悪用し、老人たちを搾取、介護放棄する有料老人ホーム「おはなばたけ」に対し、恩田百太郎や神崎仁はついに立ち上がる。しかし味方のはずの県庁は様々な言い訳をつけ動こうとしない。高齢者支援課職員・小池一郎は、上司を、県庁を、動かすことはできるのか――!!10年以上にわたり老人介護の最前線を描きつづけてきた『ヘルプマン!』ついに完結! そして『ヘルプマン!』は2014年末より<週刊朝日>に移籍決定!

著者紹介

  • くさか 里樹

作品情報

製品名ヘルプマン!(27)<完>
著者名
  • くさか 里樹
発売日2014年11月21日
初出『イブニング』2014年12号~20号