子供はわかってあげない(上)

子供はわかってあげない(上)
著者
  • 田島 列島
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

ひと夏の自由、はじまりはじまり。

「KOTEKO、好きなのか?」 
「ああ、かなり」
サクタさん(水泳部)と
もじくん(書道部)は
学校の屋上で出会った。

読むとうっかり元気になる、
お気楽ハードボイルド・ボーイミーツガール、
開幕なんです!


水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)。モーニング誌上で思わぬ超大好評を博した甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガール。センシティブでモラトリアム、マイペースな超新星・田島列島の初単行本。出会ったばかりの二人はお互いのことをまだ何も知らない。ああ、夏休み。

著者紹介

  • 田島 列島田谷野歩のペンネームで『ごあいさつ』『官僚アバンチュール』と読み切り作品を「モーニング」に発表。掲載されるたびに話題を呼ぶもののしばらく沈黙していたが、このほど本格再始動。ペンネームを変更して『おっぱいありがとう』『お金のある風景』『ジョニ男の青春』と味のある読み切りを連発し、本作『子供はわかってあげない』で連載デビュー。2008年前期MANGA OPENにてさだやす圭賞を受賞。

登場人物紹介

  • 朔田 美波

    水泳部に所属する高校2年。マイナーアニメ好き同士、昭平と意気投合。生き別れた実父の捜索を門司の兄に依頼する。

  • 門司 昭平

    書道部だが絵も得意な隠れアニメオタク。生徒立ち入り禁止の屋上で、マイナーアニメの絵を描いているところを美波に見られる。

  • 門司 明大

    見た目は女性だが昭平の兄。商店街の古本屋に居候して探偵業を営んでおり、美波の実父と新興宗教の教祖探しを同時期に依頼される。

  • 藁谷 友充

    美波の実の父親で、人の心が読める超能力者。宗教法人「光の匣」の教祖だが、理由あって教団から出奔して姿を隠している。

  • 千本木さん

    宗教法人「光の匣」に所属している。明大のところに「失踪した教祖様を探して欲しい」と依頼に来た。

  • 三枝 ミツル

    同じく宗教法人「光の匣」の人で、千本木とともに明大に、教祖様探しを依頼する。総菜屋の息子で、教団では賄いもしている。

  • 張本 善次

    明大が居候している古書店の店主。謎が多いが、明大との間にはどことなくラブコメ感が漂っている。

  • 宮島さん

    美波の親友で水泳部。言いたいことが言える性格で、頼りになる存在。幼い弟妹が数多くいる。

作品情報

製品名子供はわかってあげない(上)
著者名
  • 田島 列島
発売日2014年09月22日
初出『モーニング』2014年14号~24号