将太の寿司2 World Stage(2)

将太の寿司2 World Stage(2)
著者
  • 寺沢 大介
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

関口将太の成長を描いた『将太の寿司』より15年。
回転寿司の隆盛、世界的な寿司ブームとそれがもたらしたマグロの奪い合いと漁獲制限。
時代はめぐり寿司を取り巻く状況も大きく変化する中、鳳寿司では二人の将太が修業していた。
佐治安人の息子・佐治将太。関口将太の息子・関口将太朗。
ひとりはパリに向かい。ひとりは日本で腕を磨きつづける。
世界を股にかけた若武者たちの成長と奮闘を巨匠が描く、青春寿司エンタ!!


パリで将太が戦っている頃、東京でダビッド・デュカスの旗艦店「GENESIS」が開店した。日本人とは全く異なる発想で作られた、寿司のエンターテインメント空間は日本中の寿司屋に衝撃を与える。 衝撃も冷めやらぬGENESISの店先、将太は初老の寿司職人がトラブルを起こしているのに出くわす。 男は佐治の旧知の岩寿司の親方。 跡取り息子がGENESISに取られたと、主張するのだが……。

著者紹介

  • 寺沢 大介

作品情報

製品名将太の寿司2 World Stage(2)
著者名
  • 寺沢 大介
発売日2014年07月23日
初出『イブニング』2014年4号~13号