あとかたの街(1)

あとかたの街(1)
著者
  • おざわ ゆき
掲載誌
  • BE・LOVE月2回刊

映像化
ジャンル

内容紹介

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。

青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。

しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。

少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。


太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。

著者紹介

  • おざわ ゆき

登場人物紹介

  • 木村 あい

    木村家の次女。国民学校高等科1年生の12歳。物事を真っ直ぐに見つめる目を持つ

  • 猿渡 洋三

    木村家の隣組の戦争未亡人・波多野さんの甥っ子で、あいと将来を誓い合う。木村家に居候していたが、空襲で命を落とす

  • 木村 みね

    木村家の長女。国民高等科2年生。言動は奔放だが、意外としっかり者で、終戦直前から一家を支えるために働きに出る

  • 木村 とき

    木村家の三女。国民学校初等科3年生。学童集団疎開で岐阜へ行くが、疎開先の悲惨な現状を知ったあいと父に連れ戻される。天真爛漫で家族を明るくしてくれる

  • 木村家の父

    警防団の団員。本人は娘たちに対して厳しくあろうとするが、優しが滲み出る人柄。空襲で焼き出され、一家で岐阜への疎開を決意する

  • 木村家の母

    母、妻としての務めを粛々とこなす。凛とした立ち居振る舞いをする。いざという時は、娘たちを命がけで助ける頼もしい存在

  • 児玉 節子

    あいの初等科時代の同級生。女学校に進学したためあいとは疎遠になり、軍国少女に。空襲で父と家を焼かれてしまう

  • 花子

    あいの初等科時代の同級生。女学校に進学したためあいとは疎遠に。勤労動員のさなか、空襲で命を落とす

作品情報

製品名あとかたの街(1)
著者名
  • おざわ ゆき
発売日2014年06月13日
初出『BE・LOVE』2014年第2~6号、第8号