修羅の門異伝 ふでかげ(1)

修羅の門異伝 ふでかげ(1)
著者
  • 漫画・漫画原作飛永 宏之
  • 原作川原 正敏
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

ジャンル

内容紹介

ヴァーリ・トゥードで陸奥九十九と戦った、神武館南米王者イグナシオ・ダ・シルバ。空手界の怪物は、フットボールの世界でも、ブラジル代表「セレソン」の救世主となっていた。そして、そのイグナシオが認める一人の日本人プレイヤーが帰国する‥‥


陸奥九十九と死闘を演じた、イグナシオ・ダ・シルバ。不倒の空手家は、フットボールの世界でも天才だった! そして、そのイグナシオが実力を認める一人の少年が日本に帰ってくる。ある「約束」を果たすために――。『修羅の門』のキャラクターも登場。川原作品初のフットボールストーリー第1巻発売!

著者紹介

  • 漫画・漫画原作飛永 宏之
  • 原作川原 正敏8月17日生まれ。広島県三原市出身。1985年、『パラダイス学園』でデビュー、代表作に『修羅の門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

登場人物紹介

  • 小早川 拳将

    ブラジルから故郷三原に帰ってきた少年。さつかの父と交わした国立のピッチに立つという約束を果たすため奮闘中

  • 後藤 さつか

    拳将の幼なじみ。拳将の父に空手を習って、神武館の県チャンピオンになる程の強さ

  • 陶 秀行

    元サンセッタ広島のプレイヤー。現役引退後、監督として務めていたが不況でチームが解散してしまう

  • イグナシオ・ダ・シルバ

    神武館南米王者。サッカーでも桁違いの才能を発揮している

  • 結城 亮

    「イグナシオ・ダ・シルバが認めた天才」といわれる男。ブラジルで拳将と出逢う。帰国後はギガンテスのエースとして活躍

  • 三沢 督

    ギガンテスの司令塔。その名前をもじって、「提督」とも呼ばれる。軽妙なキャラクターで人気を集めるミスターギガンテス

作品情報

製品名修羅の門異伝 ふでかげ(1)
著者名
  • 漫画・漫画原作飛永 宏之
  • 原作川原 正敏
発売日2011年06月17日
初出『月刊少年マガジン』2010年12月号・2011年2月号・4月号