沈黙の艦隊(1)

沈黙の艦隊(1)
著者
  • かわぐち かいじ
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

著者紹介

  • かわぐち かいじ1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
    87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。

    現在、小学館「ビッグコミック」誌上にて『兵馬の旗』(協力/惠谷治)も連載中。

登場人物紹介

  • 海江田 四郎

    原子力潜水艦シーバットの艦長となるが、反乱逃亡する。独立国家「やまと」を宣言し、巧みな指揮と戦略で敵を翻弄する

  • 深町 洋

    海江田とは防衛大学校の同期で、良き競争相手。海江田に疑問を抱き、真相究明のため独自に調査を進める

  • 竹上 登志雄

    日本国内閣総理大臣。独立国家「やまと」の出現により、決断力を持った政治家に成長する

  • ニコラス・J・ベネット

    第43代アメリカ大統領。独立国家「やまと」を認めず核テロリストとしての扱いを保ち続ける

  • ジョージ・アダムス

    ニュージーランド出身の国連事務総長。独立国家「やまと」の国連加盟宣言を支持している

  • 山中 栄治

    やまとの副艦長を務める。海江田四郎からの信頼もあつく、真面目で操艦能力が高い

  • 海原 渉

    内閣官房長官。独立国家「やまと」をめぐる問題で、アメリカ大使に強硬な姿勢を示した

  • 天津 航一郎

    日本の外務次官を務める。独立国家「やまと」を支持し、日本はアメリカからやまとを守るべきと主張する

トピックス

作品情報

製品名沈黙の艦隊(1)
著者名
  • かわぐち かいじ
発売日1989年12月15日