Recommended Contentsいま話題のコミック

今月の面白さ保証作品 

首都高SPL(2)

首都高SPL(2)

シュトコウスペシャル2
著:楠 みちはる

内容紹介

ヤングマガジン

工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは、絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。ある時一台のポルシェターボが現れる。彼の名は、明彦。弱冠25歳。明彦の手がけたチューニングポルシェに乗った工藤は絶句し、また覆われていた閉塞感から解き放たれる。時を同じくして、若き工藤が手掛けた、プロトタイプのチューニングGT-R、K0(ケイゼロ)の所有者が工藤の前に現れる。

オススメ理由

『湾岸ミッドナイト』ファン待望の楠氏最新作。圧倒的な画力、疾走感、そしてクルマへの愛。ヤンマガオールドファンの心をわしづかみする作品。

製品情報

製品名 首都高SPL(2)
著者名 著:楠 みちはる 
発売日 2018年05月07日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-511378-3
判型 B6
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『月刊ヤングマガジン』2017年第7号、第8号、第10号~2018年第1号

著者紹介

著: 楠 みちはる (クスノキ ミチハル)

1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。車漫画では、日本を代表するトップランナー。

シリーズ作品矢印一覧を見る

  • 首都高SPL(2)

    首都高SPL(2)
    楠 みちはる

    試読

    工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは、絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。ある時一台のポルシェターボが現れる。彼の名は、明彦。弱冠25歳。明彦の手がけたチューニングポルシェに乗った工藤は絶句し、また覆われていた閉塞感から解き放たれる。時を同じくして、若き工藤が手掛けた、プロトタイプのチューニングGT-R、K0(ケイゼロ)の所有者が工藤の前に現れる。

  • 首都高SPL(1)

    首都高SPL(1)
    楠 みちはる

    試読

    工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは、絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。彼のもとに、元嫁と暮らす一人娘が現れる。久しぶりの二人でのドライブ。その時、すごい走りをする、ポルシェターボに遭遇する。

登場人物紹介

工藤 圭介

工藤 圭介

GT-R専門のカーチューニングショップ”CRS”の代表。元は首都高で有名なGT-R乗り

コータ

コータ

CRSによく出入りしている、工藤の知り合い。彼とは長い付き合いで、昔は雑誌のライターをしていた

リカ

リカ

工藤の元嫁と暮らす一人娘だが、血のつながりはない。強引に工藤のもとに引っ越ししてくる

元木 明彦

元木 明彦

ポルシェ専門の整備をしている青年。首都高で工藤と競り合い勝ったことで、知りあいになる