アイコンマンガ・キャラクターの効用

マンガ・キャラクターを使った
コンテンツマーケティングが注目されています。
キャラクターを活用することで、
どのような効果があるのでしょうか。

QQ

AA

マンガには、人間の感性に訴える独特の効果があります。文字だけで情報を伝えられるよりも、ヴィジュアルとセリフで構成されるマンガ・ストーリー、あるいはマンガ・キャラクターを見せられる方が、理解が早いということ、みなさんも経験されているのではないでしょうか。

マンガ・キャラクターを使った
"コンテンツマーケティングのメリット"

メリットわかりやすく伝えることができる

例)"言語化しづらい他社との違い"を表現したい!

「スポーツドリンクの新商品を、お客さまに訴求したい」場合を、例にしてみましょう。

スポーツドリンクは、商品自体に競合が多く、他社商品との差別化が難しいアイテムです。体内への吸収率やカロリーオフなどの機能について、各社それぞれが競っている状況でしょうが、この機能性を文章や数字で訴求するだけでは、なかなか消費者には響きません。そんなときが、「マンガ・キャラクター」の出番です。
マンガのストーリーの中で、そのスポーツドリンクを登場させた表現には、以下の効用があることが期待されます。

メリット

  • ●スポーツドリンクが必要となる場面を、「マンガ」によりターゲット顧客に想起させられる
  • ●マンガ内のシーンを活用して、具体的に飲みたくなる場面を訴求できる
  • ●他社との機能的な違いを訴求せずとも、利用シーンをイメージさせることで購買意欲を喚起可能

効 用


メリット疑似的な体験を促せる

例)「自分事として捉えられる身近さ」を表現できる

「ロングセラー・シャンプーのリニューアルをお客さまに訴求したい」場合を挙げましょう。

このような場合、販売促進の手法として、著名人起用のテレビCMを実施するケースがよくあります。ただ、著名人起用のCMの場合、その著名人が有名であればあるほど、遠い存在として感じるぶん、ターゲット層の共感を得にくいということが考えられます。そんなとき「マンガ・キャラクター」の出番です。
よく知られているマンガ・キャラクターが、そのシャンプーをストーリーのなかで、
あるいは1シーンで使うとしましょう。このことにより、以下の効用が期待されます。

メリット

  • ●ターゲット顧客が、親近感を覚えている既知のマンガ・キャラクターを選定することで、顧客が
    「そのシャンプーを使う自分」を自己投影しやすくなる。
  • ●自己投影しやすいストーリー、キャラクターの登場によって、顧客の「自分事としての共感」獲得の可能性が高まる。

効 用

以上、2つのメリットを例示しました。これ以外にも、「人気マンガの訴求力、拡散力に味方にできる」「話題の作品と連動したキャンペーンを企画できる」など、マンガ・キャラクターを使ったコンテンツマーケティングにはさまざまな魅力があります。御社の販売促進活動の一助にされてはいかがでしょうか。

キャラクター使用料金のお問い合わせ

アイコンマンガ・キャラクター使用の流れ

マンガ×マーケティング TOP

メール登録

コンテンツマーケティングの情報や
マンガ活用事例をはじめとした、
最新記事情報などをお届けします。

お問い合わせフォーム

コンテンツマーケティングでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。