新着クリップ

編集部より最新情報をお届けします。

コミック累計250万部突破の超話題作『はたらく細胞』が舞台化で大注目!!

イベント2018.11.05

劇場全体が"体内"となり観客は"細胞"になる!!
『はたらく細胞』が舞台になります!



「月刊少年シリウス」で好評連載中の『はたらく細胞』は、細胞の擬人化というユニークな設定で体内で日々起きている病気をテーマにした物語です。今年7月にはテレビアニメ化され、日本国内はもちろんですが、中国の大手配信サイト「ビリビリ動画」で再生回数が1億回を超えるなど、海外でも大ヒットしました。


今回の舞台化は、約2年前にアニメ化のプロジェクトと同時に企画していたものです。アニメ放送直後のこの時期に公演できるように準備してきました。


舞台のコンセプトは、劇場全体を“体内”に見立てた「ヒーローショー」。演出を手がけるのは、数々の「戦隊モノ」のショーを手がけた、きだつよしさん。舞台の上だけでなく、観客席も巻き込んで、赤血球や白血球と細菌との戦いが繰り広げられます。観客は「一般細胞」として、細胞たちに話しかけられたり、細菌に襲われたり。このように独特な舞台は、これまでのいわゆる「2.5次元舞台(漫画やゲームやアニメといった2次元モノといわれる創作物を3次元の舞台で表現すること)」とは一線を画す内容になる予定です。


「モーニング」で連載中の「はたらく細胞BLACK」、「なかよし」で連載中の「はたらく細菌」などスピンオフ作品も展開中ですが、この後も「はたらく細胞」ワールドはますます広がっていく予定です。ぜひぜひご注目ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※弊社広報誌「News Clip」Vol.302よりの転載です。ライツ事業部の担当がまとめました。

講談社マンガ・キャラクター使用の流れはこちら
講談社キャラクター使用についてのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

メール登録

コンテンツマーケティングの情報や
マンガ活用事例をはじめとした、
最新記事情報などをお届けします。

お問い合わせフォーム

コンテンツマーケティングでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。